審美歯科治療やホワイトニングを
受ける前にお伝えしたいこと

虫歯治療で使用した銀歯や歯の黄ばみによるお悩みは、審美歯科治療やホワイトニングで白い歯にすることによって解決できます。しかし、歯はただ「きれいになればいい」というものではありません。きれいにする前に、理解しておいていただきたいことがあるのです。こちらでは、青葉区市ケ尾の歯医者「ファミリア歯科」が、白い歯にする前に知っておいていただきたいことをご説明します。

Device

Device

check 01 まずはお口の健康状態を確認しましょう

審美歯科治療で銀歯を白いセラミックに取り替えたり、ホワイトニングで歯の黄ばみを白くしたりする前に、まずお口の健康状態を正しく把握することが必要になります。なぜなら、虫歯や歯周病の症状がある不健康な状態で歯を白くしても、白くきれいな歯を長持ちさせられないからです。まずはお口のチェックや検査を受けましょう。

check 02 見つかったトラブルはしっかり対処しましょう

診察や検査を受けてトラブルが見つかったら、すぐに適切な治療を受けましょう。歯は飾りではなく、咬む、話す、全身を整えるなどの役割を備えています。症状を放置して悪化させ、取り返しがつかない状態になる前にきちんと対処し、そのうえで審美歯科治療やホワイトニングを受けましょう。見た目の美しさは、健康があってこそ実現します。

Device
Device

check 03 毎日のブラッシングでプラークコントロールを

お口の健康を維持するためには、食事のたびに歯に付着するプラーク(歯垢)をきちんと落とすことが大切です。プラークは虫歯菌や歯周病菌が繁殖する温床となる場所。毎日のブラッシングできちんとプラークコントロールができなければ、せっかくの白い歯を長く維持することができません。まずは毎日のブラッシング習慣についてしっかり考えてみましょう。

check 04 ホワイトニングは継続しましょう

専用の薬剤を用いて歯の黄ばみを白くするホワイトニングは、一度受けることである程度の期間は歯を白く保つことができます。しかし、そうして手に入れた白さは、少しずつ失われていってしまいます。白い歯を維持するためには、ホワイトニングを継続することが必要です。定期的に通院し、「白さ」と「健康」の維持を目指しましょう。

Device

私たちと一緒に働きませんか?