治療中断のデメリット
~治療を途中でやめないで~

歯科診療においては、治療の内容などによってどうしても通院回数が多くなってしまうケースがあります。そのため、中には治療が終わっていないのに途中で通院をやめられてしまう患者様も珍しくありません。しかし、治療を中断してしまうとさまざまなデメリットが生じてしまい、大変危険です。

こちらでは、青葉区市ケ尾の歯医者「ファミリア歯科」が、治療中断のリスクなどについてくわしくご説明します。ご自身の健康のために、最後まできちんと治療を受けましょう。

Device

治療段階別に見る「リスク」

歯科治療を中断しやすいタイミングとしては、「仮歯を装着したとき」「抜歯をしたとき」という主に2つが挙げられます。この時期に治療を中断することで生じるリスクは、以下をご覧ください。

Device

仮歯を装着したとき

治療の過程で仮歯を装着するとある程度咬めるようになるので、そこで治療をやめてしまう方がいらっしゃいます。しかし、仮歯はあくまで「仮の歯」。一時的な使用を目的とし、後日外しやすいようにつくられているため、長期的に使い続けることはできません。仮歯のままでいると、お口全体の咬み合わせが悪くなってしまいます。

また歯との接着面にすき間ができやすいので細菌が内部に入りやすく、せっかく治した虫歯を再発する可能性が高くなります。虫歯が再発するとさらに痛みなどの負担が大きくなるので注意しましょう。

抜歯をしたとき

虫歯になった歯を抜いたことでそれまであった痛みがなくなったり、抜歯をした歯が目立たない場所であったりすると、そこで通院をやめてしまう方がいらっしゃいます。しかし歯は、すべてそろうことではじめて正しい咬み合わせを保つことができるものです。1本でも歯を失うと、空いたスペースに隣の歯が倒れ込んできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。

歯並びや咬み合わせが乱れると、さらに歯を失うリスクが高くなります。抜歯をしたらそのままにせず、インプラントや入れ歯、ブリッジなど適切な治療を受け、正しい咬み合わせを維持しましょう。

Device

当院が予約制にしている理由

市が尾駅近くのファミリア歯科では、基本的に予約診療制とさせていただいています。その理由は、次のとおりです。

理由1
スムーズな治療を 行うため

治療の途中で長い期間をおいてしまうと、患部に悪影響が及ぶことがあります。とくに仮歯を装着した際などは、外れてしまうこともありますので、早めに適切な治療を完了させなければなりません。

Device

理由2
技工物完成のタイミングに 合わせるため

詰め物・被せ物やインプラント、入れ歯など、技工物の製作には日数がかかります。完成するタイミングを見はからって治療日時を設定しておくことで、お待たせせずに治療を進めることができます。

Device

理由3
治療ごとに必要な 時間を確保するため

歯科治療は、治療の種類や治療する歯の本数などによってかかる時間が異なります。あらかじめ必要な時間を予約によって確保しておくことで、患者様が予定を立てやすくなります。

Device

私たちと一緒に働きませんか?