director院長紹介

 院長 菅原 孝
略歴
平成8年3月 秋田県立秋田高等学校 卒業
平成9年4月 昭和大学歯学部 入学
平成15年3月 昭和大学歯学部 卒業
平成15年4月 昭和大学大学院 歯学研究課程 入学
平成19年3月 昭和大学大学院 歯学研究課程 卒業
歯学博士号(※1) 取得
平成19年4月 昭和大学高齢者歯科 助教 就任
平成20年4月 昭和大学歯学部兼任講師 就任
神奈川県内歯科医院 勤務
平成23年5月 スウェーデンデンタルセンター勤務
平成24年6月 Peri-implantitis インプラント周囲炎
クインテッセンス翻訳
平成26年10月 日本歯周病学会認定医 取得

※1 インプラントオーバーデンチャーの荷重支持能力に関する実験的研究 ― 磁性アタッチメントのくさび状間隙の状態が荷重支持能力に及ぼす影響 ―  (菅原 孝、佐藤 裕二、北川 昇、内田 圭一郎、補綴誌51(2):270-279, 2007)

所属
昭和大学歯学部高齢者歯科学教室 兼任講師
日本歯周病学会 認定医
日本口腔インプラント学会 会員
日本補綴歯科学会 会員
弘岡秀明Journal Club 会員

発表・論文

インプラントオーバーデンチャーの荷重支持能力に関する実験的研究 ― 磁性アタッチメントのくさび状間隙の状態が荷重支持能力に及ぼす影響 ―  (菅原 孝、佐藤 裕二、北川 昇、内田 圭一郎、補綴誌51(2):270-279, 2007)
咬合荷重記録を用いた歯の被圧変位特性の新たな推定法(小沢 宏亮、佐藤 裕二、北川 昇、内田 圭一郎、菅原 孝、補綴誌52:117-125,2008)
ICP(ギリシャ)発表 Sugawara T, Sato Y, Kim S, Yamagata T, Senuma H, Uchida K and Kono M:The Influence of Interface in Magnetic Attachment for Implant-retained?Overdentures on Occlusal Support Ability.?11th meeting of the International College of Prosthodontists,Greece,May 2005
インプラントの直径が最大耐荷重におよぼす影響(柳田 英穂、菅原 孝、佐藤 裕二、北川昇、内田 圭一郎、第28回 昭和歯学会例会,東京,2008年12月)
学位記授与(北村 由紀子、河野 真紀子、菅原 孝、細野 由美子、昭和大学新聞,2008年7月30日発行)
磁性アタッチメントのキーパー付き根面板の製作はレーザー溶接かそれとも鋳接か(菅原 孝、北川 昇、佐藤 裕二、ザ・クインテッセンス,25(1):225-226,2006)
インプラントオーバーデンチャーのマグネットアタッチメント接触状態が咬合支持能力に及ぼす影響(菅原 孝、佐藤 裕二、金 修澤、山縣 徹哉、瀬沼 壽尉、内田 圭一郎、河野 真紀子、日本口腔インプラント学会第24回関東甲信越支部学術大会,東京,2004年7月)
インプラントオーバーデンチャー用磁性アタッチメントの最適上面形態のバイオメカニックス解析(瀬沼 壽尉、佐藤 裕二、金 修澤、吉岡 達哉、内田 圭一郎、菅原 孝、第34回日本口腔インプラント学会総会・学術大会,大阪,2004年9月)
咬合接触状態がインプラントと天然歯への荷重分配に及ぼす影響のシミュレーション(小村 朋己、小沢 宏亮、佐藤 裕二、菅原 孝、瀬沼 壽尉、山縣 徹哉、金 修澤、日本補綴歯科学会東京支部総会・第8回学術大会,東京,2005年2月)
国際学会報告 The 3rd Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics(AAP) Letter for Members(日本補綴歯科学会),春特別号:8,2004

staffスタッフ紹介

Device
菅原 文

昭和大学歯学部卒

Device
中山 真由子

(矯正担当)
昭和大学歯学部卒
昭和大学大学院歯学研究科卒
歯学博士
日本矯正歯科学会認定医

Device
大島 睦子

(矯正担当)
昭和大学歯学部卒

Device
伊澤 光

昭和大学歯学部卒
昭和大学医学部大学院卒
医学博士


私たちと一緒に働きませんか?