歯周病治療

歯がグラつく・歯ぐきから血が出る
日本人の多くが悩む歯周病

歯ぐきの腫れや出血といった症状からはじまる歯周病。そのため軽く見られがちですが、実際は進行するにつれて歯を支える顎の骨や歯ぐきなどの歯周組織が溶かされ、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。日本では実に成人男女の約8割が歯周病予備軍であるといわれており、ほとんどの方にとって他人事ではありません。

横浜市青葉区市ケ尾の歯医者「ファミリア歯科」では、薬液と超音波を用いた高度な歯周病治療を行っています。歯周病治療は、早めが肝心。一時のがまんや放置が、思わぬ重症化を招くこともあります。少しでも異変に気づいたら、できるだけ早くご相談ください。


Symptoms and treatment歯周病の症状と治療・処置

歯肉炎・軽度歯周炎

症状

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)がやや深くなり、プラーク(歯垢)や歯石が溜まり出しています。歯ぐきが軽く炎症を起こし、ブラッシングすると出血することがあります。

治療・処置1
スケーリング

ブラッシングでは落とせない歯の表面に沈着した歯石を、スケーラーという器具を使って取り除きます。

治療・処置2
ブラッシング指導

一人ひとりのお口の状態に合った正しいブラッシング方法を指導します。プラークをきちんと落とせるよう、正しいみがき方を身につけましょう。

中等度歯周炎

症状

歯周ポケットがさらに深くなり、歯ぐきの炎症や出血がひどくなって口臭も現れます。歯を支える顎の骨は少しずつ溶けはじめ、歯を押すとグラつきが出はじめます。

治療・処置1
SRP

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)は、キュレットという専用器具を用いて歯周ポケット内の歯石やプラークを取り除き、最後に表面をみがきあげる処置です。歯をなめらかにすることで、汚れの再付着を予防します。

治療・処置2
ブラッシング指導

一人ひとりのお口の状態に合った正しいブラッシング方法を指導します。プラークコントロールは、歯周病治療の基本です。プラークをきちんと落とせるよう、正しいみがき方を身につけましょう。

重度歯周炎

症状

歯ぐきが下がり顎の骨がかなり溶かされて、歯はひどくグラグラした状態になります。歯ぐきからは膿が出て、痛みや口臭も強くなります。放置すれば歯は抜け落ちてしまうことに。

治療・処置1
SRP

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)は、キュレットという専用器具を用いて歯周ポケット内の歯石やプラークを取り除き、最後に表面をみがきあげる処置です。歯をなめらかにすることで、汚れの再付着を予防します。

治療・処置2
フラップ手術

麻酔をしたうえで歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石、また感染した歯肉組織を取り除く手術です。最後に歯ぐきを縫合して終了です。

再生療法(先端治療:エムドゲイン法)

同じく、失われた歯周組織を再生させる治療です。再生させたい部分にエムドゲインゲルという薬剤を入れてスペースを確保し、再生を促します。ゲルは吸収されるため、取り除く必要はありません。


Influence歯周病がもたらす全身への影響

歯周病は大切な歯を失うことにつながるだけでなく、実は全身にもさまざまな悪影響をおよぼすことがわかっています。

つまり歯周病治療は、お口だけでなく全身の健康のためにも重要な治療なのです。


Importance歯周病治療後のメインテナンスの重要性

歯周病はお口の中にプラークが溜まり、歯石化して起こる病気です。いくら完璧に治療しても、治療後に適切なメインテナンスを継続しなければ、再発してしまう可能性があります。なぜなら、生活習慣やケアの方法が変わらなければお口の汚れ具合(=歯周病リスクの高さ)も変わらないからです。

歯周病の再発を予防するには、ご自宅で正しいブラッシングを継続するとともに、定期検診で歯科衛生士のチェックや専門的な予防処置を受けることが大切です。いったん治療が終わったからといって安心せず、予防歯科に通う習慣を身につけましょう。


私たちと一緒に働きませんか?