予防歯科

これからは「治療」ではなく「予防」の時代です
~痛くなくても歯医者に通う習慣を~

「歯医者に行くのはどんなときですか?」と聞かれたら、多くの方が「虫歯や歯周病になったとき」といわれるのではないでしょうか? しかしそれでは遅すぎると当院では考えています。なぜなら、一度虫歯や歯周病になってしまうと、いくら治療をしても歯質や歯周組織をもと通りにすることはできないからです。

治療をくりかえせば歯や歯ぐきにはダメージが積み重なり、やがて歯を失うことにつながってしまいます。歯を守るためには、悪いところができる前から「予防」のために歯医者へ通うことが大切なのです。市が尾駅から徒歩2分の歯医者「ファミリア歯科」の予防歯科では、虫歯や歯周病の発症・再発を予防するためのさまざまなケアを行っています。痛くなくても歯医者に通う習慣を、あなたも身につけましょう。今からでも、決して遅くはありません。

Device

difference海外と日本の予防意識の違い

「悪くなってから歯医者に行く」のが当たり前とされてきた日本と比べ、歯科先進国と呼ばれる欧米諸国では、古くから「予防のために歯医者に行く」という意識が浸透していました。この予防意識の差は、年齢を重ねてからの歯の残存数に比例しています。

予防意識と歯の残存数の比較

スウェーデン
Device
アメリカ
Device
イギリス
Device
日本
Device
定期検診の習慣が ある人の割合 90% 80% 70% 2%
80歳時点での 歯の残存数 20本 17本 15本 8本

この表を見れば、予防のために定期検診に通っていると、80歳になっても天然歯を多く残せていることが一目瞭然です。年齢を重ねても自分の歯を使って不自由なく食事や会話ができ、楽しんで暮らせることはとても大きな幸せとなります。20年後、30年後、40年後の自分のために、今のうちから予防意識を高めましょう。


merrit 予防するメリットについて

予防のために定期検診に通っていると、お口の健康が守られるのはもちろん、そのほかにもさまざまなメリットが得られます。

メリット1
虫歯や歯周病の発症を防ぐ

予防処置によって虫歯や歯周病の発症を防ぎ、お口の健康を維持することができます。

メリット2
費用負担を少なくできる

症状が悪化してからの治療では、通院回数も増えます。予防によって治療を不要にできれば、トータルの費用負担も少なくできます。

メリット3
治療の痛みを軽減できる

定期的に歯科医師のチェックを受けることで、早期発見・早期治療が可能になり、治療が簡単に済むため痛みも軽減できます。


prevention menu 当院の予防メニュー

Device

定期検診

患者様のお口の状態に合わせて期間を設定して定期的にご来院いただき、歯科医師や歯科衛生士の手でお口の状態をチェックしたり専門的な予防処置を行ったりします。治療を不要にするため、また早期の治療を可能にするためにとても重要です。

Device

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が、専用器具を使って日ごろのブラッシングでは取り除けないプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に取り除く処置です。虫歯や歯周病の予防になるのはもちろん、軽度の着色汚れを落としたり、口臭を予防したりするうえでも効果があります。

Device

TBI(ブラッシング指導)

お口の中の状態は一人ひとりまったく異なります。そこで口腔衛生のプロである歯科衛生士が、年齢や口腔内環境に合った正しいブラッシングの方法を指導します。「きちんと汚れを落とせるブラッシング」を継続しましょう。

Device

フッ素塗布

歯質を強くし、虫歯への抵抗力を高める効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布して虫歯予防につなげる処置です。虫歯になりやすいお子様の乳歯はもちろん、大人の方の永久歯にも効果があります。


私たちと一緒に働きませんか?